何気ない日常日記~FRS6101’s blog~

どうも皆様、こんにちは、こんばんは、おはようございますかもしれません。FRS6101と申します。このブログは私の日常で起きたこと、普段している他愛もないことについてダラダラと書いていくものとなります。これをみた皆様が少しでも笑顔になっていただければ幸いです。読んでみて感想などをコメントで書いてくださると大変ありがたいです。よろしくおねがいします。

仮面ライダーエグz…もとい仮面ライダージオウ4話について

 これもう実質的なエグゼイドだよ、そんな気分にさせる4話でした。

 

 おはようございます、こんにちは、こんばんはかもしれません。FRS6101です。

 

 今朝方放送されたばかりのジオウ4話について、感想的なものを。

 

 来ましたねぇ4話。記憶に新しいライダーから登場してくれるので、役者さんの演技も忘れられてない分、見ごたえがありますね。

 永夢の解決法も彼らしいもので、実にgoo

 

 んで今回なんでこんなタイトルなのかと言うと、

 

 2018年と2016年の永夢の演じ分けがやべぇ。2016年のは確か2か3話ぐらいだったでしょうか、まだまだ青い研修医時代の永夢。そして2018年の小児科医として、ライダーとして様々な経験を経て成長した永夢。その演じ分けがはっきりしていてやべぇ。声色がダンチですよ。

 

 これがあるからタイムリープものは面白いんだなぁ、と。過去と現在、どれだけ成長したのかはっきり分かるこの瞬間が実に良い。

 そうなってくると平成一期組が心配になってくるのもまた事実。そのあたりをどう調整するのか、今から楽しみな限りです。

 

 

 

 んで次回予告

 案の定色々すっ飛ばしてフォーゼの話に。ゲイツがゴースト、ドライブのウォッチを持っていたために、予測できたことですが…。本題はこっち。

 たっくんに草加だとぉ!!??出番早すぎですよ!!何やってんの!!??

 平成二回目のお祭り作品。底知れないです。

 

 今回はこのぐらいで

 ではでは

 FRS6101

 

 追記

今後出演してくれそうなのは、

平成二期:W(菅野さんは声だけ)、オーズ、鎧武

平成一期:クウガ(彼が居ないと何のためのお祭りか)、龍騎ブレイド、電王(健さん出てくれると嬉しいけど)、キバ、ディケイド(こっちも出てこないとお話にならないし、ほぼ確定事項だし。)

 

主役はこんな感じ。サブについては、今朝の次回予告を見る限り少しは期待しても良さげ。 

お久しぶりです & ウルトラマンR/B12話について

違うんです、色々とリアルのほうが忙しくて…はい良い訳ですねすみません

 

こんにちは、こんばんは、おはようございますかもしれません。FRS6101です。

 

お久しぶりですねぇ~(某芸人)

 

はい、ちょっと立て込んでて…。最近色々なことに手を出し始めて、こっちに手が回らなくなった次第です。はい。

 

話は変わりますが、今日は土曜日。つまり、はい。ウルトラマンの日ですね。

 

平成の兄弟ウルトラマンウルトラマンロッソとウルトラマンブル、いいですね。

 

クリスタルチェンジで属性を変えて戦う。属性と掛けてオーブも絡んでくる。これまた良い。

 

更に今回の話で、妹の存在に何か秘密がある様子。はてさて。

 

短いですがこんなところで

ではでは

ANKER って良いですよね

 これほど嵌るとは思ってもいませんでした。

 

 こんにちは、こんばんは、おはようございますかもしれません。FRS6101です。

 

 またなんか回し者的タイトルかましてるわけではありますが。これが本当に良い物なんです。

  ANKERとはGoogleでエンジニアで働いていた人達の1部が立ち上げた会社だそうです。

 

 自分が使っているANKER製品は、所謂充電器とモバイルバッテリーです。

 取り敢えず、まずはこの写真を見てください。

 

f:id:FRS6101:20180918205125j:image

 

 ね、良いでしょう?(何がって話)

 私がANKERの製品をよく買うのはこの梱包してる箱が気に入ったからです。

 

「いや、そこじゃなくてスペックで比較しろよ」「目ん玉腐ってんのか」と言われそうではありますが、まぁ落ち着いて下さい。

 

 見てくださいこのフォルム、スッキリまとまっていて、それでいて梱包としての役割をしっかり果たしている。デザイン性と機能性をが両立した良い箱じゃないですか!!

 

 はい、お気づきかとお思いですが、途中から中身の話では無くなっております。ふざけてるのかと。

 

 ただ個人的には、どの会社の製品を買おうにも、差はほとんど無いんじゃないかなと。こんなこと言ったら、日夜研究し開発している方々に申し訳ないのですが。

 

 自分レベルではどれもほぼ同じように思えて、ならばいっそ、見た目で決めてしまえば楽なんじゃないかなー、と思うところまで来てしまいました。

 

 なので最近はANKER製品で買い替えられるやつが無いか、ネットの海を彷徨っているところです。

 

 兎に角今回言いたかったことは、ANKERのデザインイケてるぞってことで。

 

 なお充電ケーブルについてもある会社の製品を愛用しているのですが、それはまた別の機会にでも...

 

ではでは

FRS6101

のわゆについて語りたいんだ

 「~について語りたいんだ」にかこつけて、ただただ妄言を吐いているだけの私です。

 

 こんにちは、こんばんは、おはようございますかもしれません。FRS6101です。

 

 今回は例によって、勇者であるシリーズから乃木若葉は勇者である、通称のわゆについて、お話していきたいと思います。

 

 

 

※例によってネタバレがひどいので閲覧注意です。

 

 

 

 

 これに関しては、無料で誰でもお話の約半分までは見ることができる(スマホゲー:ゆゆゆいがある)ので、そこまでのあたりはズバズバ行きたいと思います。

 

 まず、個人的な印象として、ゆゆゆを観た後が「なんでこんな可愛い子ちゃん達が酷い目に~」って感じで、わすゆを観た後が「更に年端もいかない子達になんてことを…」って感じで、わすゆを読んだ後、正確には読んでいる途中ですが

 

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 

 てな感じです(どういう意味だ)。

 無料で見れる範囲の話しか知らない人には「はぁ?」な感じだと思います。

 でも多分半分の人はこの気持ちをわかってくれると信じています(そもそもゆゆゆいやってるレベルで小説読めてない人なんていないと思いますけど…)

 

 世界観としては、ゆゆゆ&わすゆから約300年前、とどの詰まり、西暦2015~19年が主な舞台となります。メタい話、2018年は主人公である乃木若葉たちが、本格的に戦い始めた年でもありますね。

 

 神世紀勇者とのはっきりとした違いとして、一つは主に交戦していたのは星屑(時系列当時はこれがバーテックスと呼ばれていた)であること。

 もう一つは、所謂完成形バーテックスへの対処法が切り札と呼ばれること。これに関してはアニメわすゆで若干の描写がありましたね(5話BパートED前の機密資料的な部分。当時解析していた人がいましたね)。今改めて件の資料を見てきたのですが、もうネタバレのオンパレードですね。酷いもんだ。

 

 主要人物は勇者5人と巫女1人です。あれ?勇者の章で出てきた絵には勇者が4人しか描かれていませんね、なんでやろなぁ(すっとぼけ)

 

 

 

 

 嘘だよ!!ぐんちゃんを返してよ!!!!!!!!!

 はいしつこいですね、すみませんもうしません。

 

 のわゆと言えば、前半と後半で毛色が変わる作品でして。前半のやや明るめな、前向きに進んでいける雰囲気だったのが、ある事件を境に一気に転落してしまうという、なんとも残酷なお話でした。

 

 その辛さというのもストレートなものから、精神的にやられるものまで、それはもう途中から読むのを投げ出したくなるような展開でした。

 

 そういえば、最近行われたアニメ化して欲しいマンガグランプリ的な物で、マンガ版のわゆが7位と高い順位にランクインていましたね。勇者であるシリーズもアニメ化作品が3作に増えるのも、時間の問題かもしれませんね〜

 

お願いだからアニメ化しないで!タマっち先輩や杏の〇〇とかぐんちゃんの〇〇とか、映像化でしかも音声まで付いちゃったら耐えられないですよ!!!!!

くどいですね。申し訳ございません。

 

 本音を言えば、もしアニメ化されるとしたら嬉しいですよ。勇者であるシリーズがアニメ化され続けるのはとても良い事ですから。素晴らしいことです。

 後は半クール経ったところで適当に視聴切ればいいだけの話ですから(ガンギマリおめめ)。冗談ですよ。

 

 これを読了出来れば、他のシリーズなんて屁の河童ですよ、本当に(←銀の件でボロ泣きした人)。

 

 何だかんだ言って、のわゆはいい作品なので、これもわすゆやゆゆゆと共に楽しむと、彼女達の行動が無駄ではなかったと感じられるのかなと。

 

 取り敢えず、今回はこんな所で。

 〇〇について語りたい、勇者であるシリーズは次回で一区切りとなります。最後は一応最新作となるアレのお話をば。

 

ではでは

FRS6101

Amazon prime 良いですね

 「こんなもの使っていたら、本当に駄目人間になってしまう(手遅れ)」そう思わせるサービスです。

 

 こんにちは、こんばんは、おはようございますかもしれません。FRS6101です。

 

 私はよく、Amazonを使って買い物をしています。家から出なくても買い物ができる。いい時代ですね。レッツエンジョイ半引きこもりライフ、なんて

 

 それでたまたまですが、勢いでAmazon primeに登録してしまって、せっかくだからと色々見てみたんですが...

 

 

 

 

 ヤバいですね(語彙力)

 発送は早くなるし、プライムビデオでは色々面白い作品が見られるし、プライムミュージックは聴き放題だし。

 特にミュージックは良いですね。今の所聞きたいと思った曲は大体聞けれますし。

 貯金に余裕がある限りは、続けていってもいいぐらいの価値はあるのかなって。

 違います。回し者ではありません。決して。断じて。恐らく多分概ね...。

 

 アマゾンでどんなものを購入しているかは、また別の機会にでも紹介できたらな~と思っています。

 

 とりあえず今日はこんなところで

 

 明日からまた四日間頑張ればまた三連休ですので、皆さん程々に頑張って行きましょう。連休なんて無いって方々はご愁傷様です。私もほぼ無いに等しい連休なので、無い気力を振り絞って行きましょう。

 

 ではでは

 FRS6101

わすゆについて語りたいんだ

 「君また同じ内容について話すつもりなの?」と言う声が聞こえてきそうです。違うんです。またちょっと違う話なんです。

 こんにちは、こんばんは、おはようございますかもしれません。FRS6101です。

 この記事では勇者であるシリーズの一つ、鷲尾須美は勇者である、通称わすゆについて少しお話していきたいと思います。

 どうでもいい話ですけど、私、〇〇の軌跡もとい軌跡シリーズが好きでハマっていた時があったのですが、友人を自室に呼んだ時、そいつがゲーム棚を見て「お前同じやつ3つも4つも買ってんじゃん」と言われたことがあります。
 まぁ、興味のない人からすれば全部同じようなものに見えてしまうのは、どんなものにでもあるお話ですよね。


 ※ここから先鷲尾須美は勇者であるについてのネタバレがあります。お気をつけくださいまし。



 よろしいでしょうか?

 ネタバレと言っても、すでにテレビ放映している時点でネタバレもクソも無いなぁと思ったり思わなかったり。

 さてこのわすゆは所謂前日譚に分類されるもので、アニメ結城友奈は勇者であると並行して、ビジュアルノベルとして展開されていったお話でした。

 恥ずかしい話、アニメ一期放送当時この作品の存在を全く知らず、単行本化されたときに「こんなのあったのか!?」と一人勝手に悔しがっておりました。

 アニメゆゆゆと連動したギミックを楽しむことができた人々は、それはそれは良い思いをしたことでしょう。

 (そんな残念野郎が言えることではありませんが)この作品を語る上で外すに外せないのは三ノ輪銀という存在でしょう。この名前を聞いた10人の内、5人は「ああ…」と嘆きの声を発し、残りの5人の内半分の人は「なんでこんな展開にした!!」と怒り狂い、残り半分の人は生存ルートを構築して現実逃避していたことでしょう。私もこの部類に入っていました。

 銀ちゃん可愛いんですよね。男勝りな元気っ子。その実友達思いの優しい子で、何なら将来の夢はお嫁さんになることだなんて、可愛さの塊かよなんでこんな子が幸せになれないんだよ!!!はい気持ち悪いですね。すみません。
 この子単体でも可愛いのに、須美や園子と一緒にさせると尊みが大満開するんですよ。その後暗い気持ちになるまでが1セットなんですけどね。勇者システムかよ。

 園子は独特な雰囲気を持つのんびりっ子。しかしてその直感と閃きは天才的。小説にはなかった最終話で加えられた演出には今でもぞっとします。

 主人公であり、後の東郷美森と同一人物である鷲尾須美、硬い性格ではありますが、何にでも一生懸命まじめに取り組むところが長所なのかなって。どうでもいいですけど、鷲尾家の養子に入ったってだけで下の名前まで変わったのには何か意味があったんですかね?わすゆ小説に書いてあった気がしなくも…?

 最初は三人が仲良くワイワイしている描写を流していたのに、3話以降のあの流れ、正直しんどかったっス。「たましい」を聞くたびにオワァ―!!と奇声を発していました。

 話が逸れますが、ここ数年世界観厳しめのアニメを視聴していて思ったことは、「そのキャラの死に意味はあるのか?」ということです。「ストーリー的に意味があったから死んだんだろ」「リアリティを求めた結果、死ぬ運命だったんだろう」「流行りだから」「お涙頂戴」といろいろな意見があるとは思います。そのどれもが正しいのだと思います。

 しかし私が納得する、キャラクターの死の正当性には少なくとも二つの条件が必要でした。

(※ここから先の考えは一種の提示であり、強要ではありません。馬鹿が一人で騒いでると思っていただければ幸いです。)



 一つは「そのキャラクターの死がのちの話に大きな影響を与えていること」です。多くの作品でこの条件は満たしていると思います。判別には、そのキャラが死ななかった場合の世界を考えて、実際に進んだ正史と比較してみる事です。恐らく8割の確率で矛盾が生じると思います。なのでこちらは難易度低めな条件です。

 もう一つの条件が厄介でして、「その死に至るまでの流れが、そのキャラクターの意思に沿ったものであるのか?」といったものです。はい、この時点で「リアリティを求める人」と「ご都合主義反対派」の人から非難の雨あられをくらう事でしょう。しかしこればかりは譲れないものがあるのです。

 この話についてはまた別の機会にでもまとめたいと思います。これ以上はわすゆの話からかけ離れてしまうので。


 グダって来たので最後に一言だけ、わすゆはゆゆゆと組み合わせて初めて完成する作品なのだろうと思います。わすゆ単体ではただただ辛い物語になってしまいますが、ゆゆゆと合わせてみることで、報われていっているのではないかなと。個人的にはゆゆゆに加えて勇者部所属も合わせることで、また考えが変わるのではないかなと(本編の日常部分を補足する&わすゆコンビに焦点を当てたお話もある良い作品なので)。

 

 あ、娘太丸先生著:結城友奈は勇者部所属ぷにっと2巻及び、かんの糖子先生著:結城友奈は勇者である4,5巻が9月29日発売の結城友奈は勇者であるメモリアルブックに先駆けて9月25日に発売されるので皆さん購入しましょう(ダイママン‼\ドーン/)。

 

結城友奈は勇者部所属 ぷにっと!(1) (電撃コミックスEX)

結城友奈は勇者部所属 ぷにっと!(1) (電撃コミックスEX)

 

 

 

結城友奈は勇者部所属 ぷにっと!(2) (電撃コミックスEX)

結城友奈は勇者部所属 ぷにっと!(2) (電撃コミックスEX)

 

 

 

結城友奈は勇者である(4) (電撃コミックスNEXT)

結城友奈は勇者である(4) (電撃コミックスNEXT)

 

 

 

結城友奈は勇者である(5) (電撃コミックスNEXT)

結城友奈は勇者である(5) (電撃コミックスNEXT)

 

  

結城友奈は勇者である メモリアルブック

結城友奈は勇者である メモリアルブック

 

 

 今日はとりあえずここまで

 因みに流れ的に明日の~語りたいんだはアレになります。アレです。よろしくおねがいします。

 ではでは
 FRS6101

 

 [追記]

 おっと間違えてぷにっと1巻のリンクを張ってしまっていましたーあーやっちゃったなー消し方わかんないなーこれはそのままにして、2巻のリンクを追加しとくか―

 

 …素で間違えました。すみませんでした(低頭低身)。

夕方が1番過ごしやすい

 こんにちは、こんばんは、おはようございますかもしれません。FRS6101です。

 

 何でもない話ですが、もう9月も半分が過ぎてしまったんですよね。早いなぁ

 

 夕方も涼しくなってきてますね。これぐらい涼しいと、気分が落ち着きます。

 

 ところで皆さんは春夏秋冬のどの季節が好きでしょうか?

 

 私は断然、秋が好きです。要するに今ですね。

 

 日中は程よく日が出て、夕方から夜にかけて暑くなく寒くもない程よい気温になる。たとえ寒くても、1枚上に何か羽織るだけで何とかなる。そんなこの時期が、私は好きです。

 

 逆に夏は嫌いです。蒸し暑いし、汗はウザイくらい出てくるし。特に汗が辛い。汗染みがくっきりと見えている状態では、人前に出る気力がうせてしまいます。某服屋の汗染みTシャツ欲しいですね...(いや、あれはあれで残念な感じなんですけど)。

 

 今夜は気持ち良く寝られそうです。明日は連休最終日、有意義に過ごせるように、今夜はしっかりと休みましょう。

 

ではでは

FRS6101